Stage

Message

第二次大戦後、歌舞伎や能、狂言の上演規制と解禁に携わったGHQの検閲官たち

中でもフォービアン・バワーズ少佐は、のちに「歌舞伎の救世主」と呼ばれるほどの活躍を見せます。

 

しかし本作は、「救世主」としての彼を描いたものではありません。

ある理由から、ひたすらに歌舞伎という芸術の存在を必要とする"青年"を描いた作品です。

 

 演劇を含む芸術は、決して不要不急のものではないと私自身は感じていますが、

作り手側が言うのも何だかなとも思っています。

 

少々いきすぎのように見えるバワーズ少佐の歌舞伎愛ですが、

人と芸術の繋がりという意味でこれほど強固なものもないでしょう。

 

思いつく限り彼は、今の私にとって最強の代弁者なのです。

 

wonder✕works

八鍬健之介

 

Story

1999年のNY、三番街に建つ古いアパートで日本人ライターの紺野丈雄は取材を続けている。

取材相手は第二次大戦後にGHQが日本民主化のために設立した部署CCD(民間検閲局)に

所属した経験を持ち、それ以前にはマッカーサーの補佐的立場であったというアメリカ人、

フォービアン・バワーズ。

 

50年以上前のことを驚くほど鮮明に語るバワーズの様子に違和感を覚えた紺野に、

ハウスキーパーのジーンはこっそりと耳打ちする。

 

「最近は特にね、向こうにいる時間が長いみたいなの」

 

若かりし頃へと逆行したバワーズは、紺野のことも、当時親交のあった「キイチロ」という人物だと思い込む。

紺野演じるキイチロの奇妙なインタビューが始まり、バワーズの意識は1940年代の日本へと融けていく…。

 

歌舞伎の上演規制と解禁に携わった検閲官たちの目を通して描く、

「権力と芸術」或いは「人と芸術」の物語。

Cast

渋谷 はるか

藤原 祐規

森岡 龍

朝日奈 寛

粟野 史浩

Staff

作・演出 八鍬 健之介

演出助手 炭谷征之

舞台監督 杣谷昌洋

舞台美術 鈴木健介

照明 朴 秀徳

音響 松宮辰太郎(catSSound)

衣裳 小泉美都

音楽製作 中村友則

写真 杉本 理

宣伝美術 麻衣

陶器製作 田中朋代

票券・当日運営 松本悠(青春事情)

広報協力 古元道広(グッドフェローズ)

企画・製作 wonder×works

協力

文学座

マイターン・エンターテイメント

アミュレート

株式会社ブルーベアハウス

忍冬窯

池林房・太田篤哉

Scedule

2021年5月19日(水)~5月30日(日)

※受付開始、開場は開演の30分前となります。

Space

雑遊(新宿区新宿3丁目8-8)

地下鉄都営新宿線 新宿三丁目駅 C5出口目の前

東京メトロ丸ノ内線・副都心線 新宿三丁目駅 B2出口徒歩5分

 

Ticket

2021年3月20日(土)10時より発売開始

●料金(全席指定)

一般料金:4500円/学生割引:3500円/配信:2500円

※学生割引は、受付にて生年月日の記載がある身分証をご提示いただきます。

※配信は、ライブ配信終了後、一週間アーカイブ映像をご視聴いただけます。

●チケット取扱い

<劇場公演>

Livepocketチケット

※Livepocketチケットの新規会員登録が必要です。

※コンビニ決済の場合は、別途手数料220円(税込)がかかります。

クレジットカード・携帯キャリア決済の場合は、手数料は一切かかりません。

※ご購入時に登録いただいた個人情報は、厳重に管理し、万が一出演者・スタッフ・劇場で観劇されたお客様の中に新型コロナウイルスへの感染が発覚した場合は、保健所等の要請に従い、情報を共有いたします。

 

<インターネット公演>

teket

サイト内「わが花」で検索

 

※teketのチケットは、パソコン、スマートフォンからご購入いただけます。

※チケットを購入する際に、ログイン・会員登録をして購入、もしくは会員登録せずに購入することが可能です。ログイン・会員登録をして購入された場合、チケットページにてチケットをご確認頂けます。会員登録せずに購入された場合はチケット購入後にメールに添付されるPDFをお使いください。

Download